平成30年度 河内総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数 458 120 59 91 270 360 498 1132 977 243
 平成30年4月~平成31年3月に退院された患者様の年齢階級別患者数です。当院を利用している患者様は、昨年度同様に70歳代が最多で、次いで80歳代となっています。  70歳以上の患者様は,全体の55.9%を占めています。 また、10歳未満の458人の中には、院内出生児の入院84人を含んでいます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
平均年齢転院率
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 142 31.7 20.92 83.19 9.15%
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 79 1.39 2.99 61.77 0.00%
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 78 22.08 12.58 76.77 5.13%
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 51 4.1 2.67 61.96 0.00%
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 47 9.43 5.42 59.04 2.13%
 症例数1,301例において誤嚥性肺炎の診断群が最多となっています。平均年齢は83.19歳と高齢者の方が多くなっています。次いで小腸大腸の良性疾患の診断群となっています。平均年齢は61.87歳と比較的低くなっています。これは、主に、健康診断後の検査入院に起因するものです。
消化器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
平均年齢転院率
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 121 1.03 2.99 61.91 0.00%
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 71 2.65 2.67 65.58 0.00%
060185xx99x0xx 潰瘍性大腸炎 11 1 12.76 52.73 0.00%
060050xx97x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) - 11.56 10.42 78.11 0.00%
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 - 8.88 8.93 78.25 0.00%
 症例数298例において約66%が小腸大腸の良性疾患となっています。内科と同様に、平均年齢63.75歳と低く、検査入院と考えられます。上位2診断群では、いずれも平均年齢が低いのがわかります。また、次いで、潰瘍性大腸炎、肝細胞癌の入院が挙げられます。
循環器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
平均年齢転院率
050130xx99000x 心不全 101 25.97 17.66 77.3 1.98%
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 86 6.98 5.15 65.9 0.00%
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 48 6.4 4.47 71.23 0.00%
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 28 2 2.04 54.29 0.00%
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 28 4.86 3.01 68.14 0.00%
 症例数681例における最多症例は心不全の入院となっています。慢性心不全の急性増悪と考えられます。2番目には、頻脈性不整脈に対する血管内治療目的の入院となっています。 当院では24時間の救急対応を行っています。また、循環器疾患の重要なリスクファクターと考えられている睡眠時無呼吸症候群に対する精密検査も実施しています。
小児科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
平均年齢転院率
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 75 4.43 6.19 1.05 2.67%
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 57 1.18 2.47 4.46 0.00%
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 53 3.55 5.42 4.04 3.77%
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 44 4.89 6.17 0 0.00%
030270xxxxxxxx 上気道炎 27 3.52 4.96 2.33 3.70%
 症例数463例のなかで、最多症例は急性気管支炎の呼吸器疾患となっています。平均年齢1.05歳と乳幼児に多い症例となっています。次いで多いのは、食物アレルギーに対する負荷試験の検査入院が挙げられます。3番目には、ウイルス性腸炎の診断群が挙げられます。
外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
平均年齢転院率
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 21 9.05 4.96 70.52 0.00%
060150xx99xx0x 虫垂炎 10 8.9 6.78 47.8 10.00%
090010xx01x3xx 乳房の悪性腫瘍 - 49.4 16.24 76.6 0.00%
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) - 1.25 2.99 69.5 0.00%
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 - 11 7.3 45.5 0.00%
 症例数122例において、鼠径ヘルニアによる入院が最多となっています。急性虫垂炎・乳房の悪性腫瘍に対する症例も挙げられます。 また、内視鏡による胃瘻造設や外来化学療法まで最新の標準的な治療を提供しています。 
整形外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
平均年齢転院率
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 100 47.29 26.3 80.97 27.00%
160760xx97xxxx 前腕の骨折 57 9.95 5.68 50.6 0.00%
160720xx01xxxx 肩関節周辺の骨折・脱臼 24 49.08 15.48 73.42 20.83%
160700xx97xx0x 鎖骨・肩甲骨の骨折 19 5.58 6.07 40.74 0.00%
160850xx01xx0x 足関節・足部の骨折・脱臼 13 17.38 16.24 44 0.00%
 症例数414例において、股関節大腿部の骨折で、外科的手術を施行している診断群が最多となっています。平均年齢が80.97歳と高齢者に多いと考えられます。 次いで前腕の骨折が挙げられます。3番目には肩関節周辺の骨折・脱臼が挙げられます。平均年齢を比較すると1位と2位の差は、30.37歳と年齢層に差異がみられます。
形成外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
平均年齢転院率
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 21 5.14 5.37 37.24 4.76%
080010xxxx0xxx 膿皮症 18 9.11 12.51 59.61 0.00%
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 17 4.35 3.15 70.76 0.00%
080250xx971xxx 褥瘡潰瘍 14 70.86 61.18 77.43 7.14%
100100xx97x1xx 糖尿病足病変 - 58.78 48.53 70.33 0.00%
 症例数142例において、最多症例は、顔面の損傷となっています。観血的手術を行っています。平均年齢は37.24歳と若年層にみられます。 2番目は、膿皮症の入院が挙げられます。3番目は、眼瞼下垂の入院が挙げられます。
脳神経外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
平均年齢転院率
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 62 27.82 19.61 78.39 12.90%
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 40 24.1 16.18 74.28 35.00%
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 25 6.68 7.35 56.6 0.00%
010230xx99x00x てんかん 24 10.04 7.28 61.63 4.17%
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 24 31.71 20.71 59 0.00%
 症例数718例において、当院では、脳神経外科で脊椎外来が始まり、胸椎、腰椎以下骨折損傷の診断群が最多となっています。次いで、脳梗塞が挙げられます。これは、JCSが10未満の患者様ですが、エダラボンによる治療となっています。35%の方が回復期リハビリテーション病院等へ転院しています。 3番目には頭蓋内損傷が挙げられます。乳幼児、学童の頭部打撲が含まれるため平均年齢は56.60歳と若年になっています。
心臓血管外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
平均年齢転院率
050080xx0111xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) - 64.8 37.34 75 0.00%
050050xx0111xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 - 46.75 26.73 73.75 0.00%
050163xx02x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 - 30 20.61 74 0.00%
050170xx02000x 閉塞性動脈疾患 - 23.33 16.52 75 0.00%
050210xx97000x 徐脈性不整脈 - 11.33 11.01 77.67 0.00%
 症例数38例と少ない診療科となっていますが、心臓の弁置換、弁形成術など重篤な患者様を受け入れています。 開心術以外では、末梢動脈閉塞症・下肢静脈瘤に対する治療も行っています。
産婦人科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
平均年齢転院率
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 16 8.44 6.17 0 6.25%
120140xxxxxxxx 流産 - 2.25 2.45 32.38 0.00%
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 - 10.83 8.86 71.33 0.00%
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 - 10 9.87 47 0.00%
120110xx99xx0x 子宮・子宮附属器の炎症性疾患 - 16.67 8.01 46.33 33.33%
 症例数53例において、新生児一過性多呼吸等の診断群が最多となっています。次いで、流産が挙げられます。 自然頭位分娩の患者様は除外しています。子宮筋腫、子宮癌などの婦人科疾患についても、MRIなど最新機器による診断、治療を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌 1 1 5 1 6 4 1 7,8
大腸癌 3 7 1 2 4 9 1 7,8
乳癌 3 8 3 1 0 5 1 7,8
肺癌 0 0 0 3 3 2 1 7,8
肝癌 0 2 0 1 4 11 1 7,8

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

 集計期間中に退院した実患者数を集計しています。「初発」の病期分類は、UICC病期分類に基づいたものです。日本で最も罹患率の高い5つのがん(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌)の病期(Stage)ごとの症例数を示しています。 当院では、内視鏡的治療、手術、抗がん剤治療など患者様に合わせた治療法を提供しています。患者数としては、大腸癌が最多、次いで乳癌、胃癌となっています。 肝癌において再発が多いのは、初回治療が完了した後の経過観察目的の患者様を受け入れている割合が高いためと考えられます。 病期分類不明の症例については、治療前の検査入院のため、入院中に検査結果が出なかったため、分類ができなかったと考えられます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症 17 9 52.06
中等症 73 23.11 78.64
重症 33 30.85 83.33
超重症 10 109.5 83.3
不明 0 0 0
 この集計における成人とは、15歳以上の患者様が対象となります。 市中肺炎とは、普段の生活の中で罹患した肺炎を指します。 重症度は、市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPスコア)により分類しています。 当院における症例数では中等症が最も多く、全体の約55%を占めています。超重症における平均在院日数が長いのは長期入院の患者様が該当したためと考えられます。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
3日以内 151 32.49 74.4 32.12%
その他 14 60.07 72.29 3.64%
 当院では、脳卒中の超急性期の治療、t-PA静注療法や脳血管内治療、開頭術など最新治療に積極的に取り組んでいます。 脳卒中は、発症後できるだけ早期における専門病院での治療が、機能的な予後を改善することにつながります。 当院では、92%の患者様が発症から3日以内に治療を開始しています。治療後は、早期リハビリテーションを開始し、発症後の後遺症の軽減に取り組んでいます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
平均年齢転院率
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 57 1.05 3.14 63.21 0.00%
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 30 0.33 1.07 72.9 0.00%
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 22 1.59 21.86 77.05 4.55%
K654 内視鏡的消化管止血術 14 15.29 19.07 65.93 0.00%
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 11 56.27 32.82 79.64 27.27%
 内科では大腸ポリープに対する内視鏡的ポリープ・粘膜切除術が最多となっています。ポリープ切除目的の短期入院となっています。 次いで、透析シャント狭窄に対する経皮的シャント拡張術・血栓除去術となっています。また、総胆管結石・胆管炎に対する内視鏡的胆道ステント留置術が3番目に挙げられます。
消化器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
平均年齢転院率
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 76 0 1.83 66.46 0.00%
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) - 1 9.33 79.56 0.00%
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - 0 41 81.2 0.00%
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 - 0.33 8.67 76.67 0.00%
K654 内視鏡的消化管止血術 - 0 9.5 71.5 0.00%
 消化器科では、内科同様、大腸ポリープに対する内視鏡的ポリープ・粘膜切除術が最多となっています。 2番目の血管塞栓術は肝細胞癌に対する肝動脈塞栓療法(TAE)となっています。消化管の悪性腫瘍に対しては、外科との連携によりガイドラインに準じた治療が行えるよう体制をとっています。
循環器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
平均年齢転院率
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 76 1.76 4.28 66.79 0.00%
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 40 4.48 3.43 72.8 0.00%
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 34 1.88 6.71 74.68 0.00%
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 18 0.17 21.06 68.33 0.00%
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 18 3.89 5.94 78.61 16.67%
 循環器科では,不整脈に対する経皮的カテーテル心筋焼灼術が最多となっています。 2番目に狭心性に対する経皮的冠動脈ステント留置術(その他)が挙げられます。3番目に下肢閉塞性動脈硬化症に対する四肢の血管拡張術・血栓除去術が挙げられます。 ペースメーカー移植術も当診療科で実施しています。
小児科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
平均年齢転院率
- - - - - - -
 小児科では手術にいたるケースがほとんどないため、症例件数には挙げておりません。
外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
平均年齢転院率
K6335 鼠径ヘルニア手術 21 0.95 7.1 70.52 0.00%
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) - 1 34.44 74.44 0.00%
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 - 3.5 8.88 53.88 0.00%
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - 3.57 24.86 66.43 0.00%
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - 1 4.83 74.33 0.00%
 外科では、鼠径ヘルニア手術が最多となっています。2番目は乳房の悪性腫瘍に対する手術となっています。 当科では、乳がん検診も行っており、早期発見から治療まで、ガイドラインに沿った医療を患者様に提供しております。次いで、急性胆嚢炎に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術となっています。
整形外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
平均年齢転院率
K0461 骨折観血的手術(大腿) 87 4.86 43.78 80.25 25.29%
K0462 骨折観血的手術(前腕) 56 3.46 23.75 58.29 1.79%
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕) 36 0.94 3.06 49.89 0.00%
K0811 人工骨頭挿入術(股) 36 5.28 49.39 81.69 30.56%
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) 27 2.15 11.15 50.11 3.70%
 整形外科では、大腿骨骨折観血的手術が最多となっています。平均年齢80.25歳と高齢者に多くなっています。 2番目に前腕骨骨折観血的手術が挙げられます。3番目に前腕骨骨折の抜釘となっております。 次いで、人工骨頭挿入術も大腿骨頚部骨折に対するもので平均年齢も81.69歳と高くなっています。 高齢者の大腿骨骨折においては、早期からリハビリテーションを開始しています。リハビリ病院への転院も考慮しています。
形成外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
平均年齢転院率
K2191 眼瞼下垂症手術1.眼瞼挙筋前転法 11 0.18 3.45 71.82 0.00%
K427 頬骨骨折観血的整復術 - 1.29 2.71 55.43 14.29%
K013-21 全層植皮術1(25cm2未満) - 14.17 28.67 51.83 0.00%
K016 動脈(皮)弁術 - 22 37.17 73.33 0.00%
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - 0.6 3.2 49.6 0.00%
 形成外科では、眼瞼下垂症手術が最多となっています。平均年齢が71.82歳と高齢者に多くなっています。 2番目には、頬骨骨折に対する頬骨骨折観血的手術が挙げられます。 当科では、体表面の腫瘍や外傷、神経縫合まで多岐に渡る手術を実施しています。
脳神経外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
平均年齢転院率
K1421 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(前方椎体固定) 26 6.23 35.04 60.31 3.85%
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 21 9.62 41.29 71.71 0.00%
K178-4 経皮的脳血栓回収術 18 0 35.17 76.11 16.67%
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 17 1.12 15.29 78.41 5.88%
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 17 0.71 43.06 67.12 76.47%
 脳神経外科では、今年度から脊椎外科外来を開始したことにより、脊椎疾患に対する手術が上位2となっています。 3番目に経皮的脳血栓回収術となっています。当院では脳血管リハビリテーションも行っており、術後から早期にリハビリテーションを行っています。
心臓血管外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
平均年齢転院率
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) - 12.33 48.33 67.83 0.00%
K5551 弁置換術(1弁) - 18.67 25 71 0.00%
K597-2 ペースメーカー交換術 - 1 9.33 77.67 0.00%
K5552 弁置換術(2弁) - 23.5 15 74 0.00%
K5601ニ 大動脈瘤切除術(上行)(その他) - 0 21 62 0.00%
 心臓血管外科では、冠動脈、大動脈バイパス移植術、弁形成術と心臓に係る開心術が上位に挙げられます。 可能な限り人工心肺を用いず、心臓を動かしたままで手術を行っています。これは脳への合併症のリスクを考慮しています。 開心術以外では、下肢静脈瘤手術も行っています。
産婦人科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
平均年齢転院率
K9091ロ 流産手術(妊娠11週まで)(その他) - 1 0 32 0.00%
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式) - 1.8 8 71.4 0.00%
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) - 0.67 8 43.33 0.00%
K877 子宮全摘術 - 1 8 50 0.00%
K9061 子宮頸管縫縮術(マクドナルド法) - 1 7.5 29.5 0.00%
 産婦人科では、流産手術(妊娠11週まで)が最多となっています。 また、子宮筋腫に対する手術や、子宮外妊娠における手術など婦人科に罹るものから産科に罹るものまで幅広い治療を行っています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一 3 0.07%
異なる 6 0.14%
180010敗血症同一 16 0.38%
異なる 15 0.36%
180035その他の真菌感染症同一 1 0.02%
異なる 3 0.07%
180040手術・処置等の合併症同一 53 1.26%
異なる 2 0.05%
 当院では、DIC(播種性血管内凝固症候群)、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症を挙げています。 DPCコードで分類される傷病名とは別に、入院の契機となった病名がつけられています。DPC病名と入院契機病名が同一か、異なるかにより集計しています。 DIC、敗血症について、入院契機病名と異なる場合、契機病名として挙げられるのは、消化器疾患、呼吸器疾患、循環器疾患、脳卒中とさまざな症例となっています。 その他の真菌感染症では、入院契機が急性肺炎、移植人工血管感染、インフルエンザの疑いと異なる疾患となっています。 手術・処置等の合併症については、殆どの症例において、DOC病名と入院契機病名が同一となっています。  これは、手術・処置などの合併症を主訴として入院し、その治療を受けられたと考えています。
更新履歴
2019/09/17
平成30年度の病院情報を公開しました。