現任教育

看護教育(現任教育体制)

クリニカルラダーシステムとは

クリニカルラダーシステム(臨床看護実践能力習熟段階制)は、新人看護師からエキスパートナース へと段階を踏んで臨床看護実践能力を育成するシステムで、看護職者の人材育成ツールです。 看護師や看護管理者が、お互いに各能力段階を意識しながら自己研鑽や人材育成を目指すことが できるものです。各看護師が臨床実践において求められている役割を明確にすることで、各々が 主体的に行動でき、それらを客観的に評価できるツールとして活用しています。

クリニカルラダーシステム

当院のクリニカルラダーシステムの特徴

当院のクリニカルラダーは、日本看護協会のクリニカルラダーに合わせ、看護師として求められる技術やスキルを5段階に分けた上で、各ステップで到達するべき具体的目標を設定しています。また、ラダーレベルに応じた成果責任を果たすために求められる能力特性として、看護実践能力・役割遂行能力・自己啓発・能力開発・倫理的判断能力・対人関係の各能力特性に応じた研修(リーダーシップ・コーチング・アサーション)などを行っています。

当院の研修内容について

下記に示す年間プログラムにより研修を行い、スペシャリストの育成を推進しています。

主な研修内容

共通研修 各医療技術部門による心電図の見方・画像診断・薬剤取り扱い・簡単なリハビリなどの研修。
プリセプター研修 初期教育者としてのノウハウなどの研修。
クリニカルラダー研修 臨床看護実践 (看護倫理・情報管理・フィジカルアセスメント・看護理論・救急看護・リーダーシップ・アサーション・コーチングなど)
専門研修 呼吸器・循環器ケアコース 脳卒中ケアコース。

»詳しい研修内容などについては、こちらをご確認ください。

下記の院外研修に関しては、看護部でのサポート体制を取っています。

認定看護師

脳卒中リハビリテーション認定看護師

脳卒中は突然の発症で、状況によっては生命の危機を脅かされることもあります。また、生命の危機を脱したとしても後遺症が残存し、これまでの生活に支障をきたしてしまうことも少なくありません。
認定看護師として専門的な知識を持って、医師やリハビリテーション科と協働し、重篤化回避や生活の再構築にむけて取り組んでいます。急性期から在宅までを通し、患者さんやご家族に寄り添える看護が提供できるように頑張っていきたいと思います。

脳卒中リハビリテーション認定看護師 三宅 直美 荒薦 愛子

救急看護認定看護師

救急看護認定看護師の役割は、救急外来を受診される様々な症状に応じて、トリアージや救急処置などにより専門的な看護を実践すること、さらに、安心できるように心理面も支援しながら幅広く関わっていくことです。
また、救急外来だけの活動に留まらず、救急に関する情報提供、学習会の開催、看護実践を通した指導・相談も行い、医療現場のチーム力を高めていきたいと考えています。

救急看護認定看護師 太田 香代子

採用情報
インターンシップ資料請求・申込
ページトップへ戻る