診療科・部門紹介

診療科

整形外科

当院の整形外科では、頭部と頚部以外の骨・関節・靭帯・筋肉・神経等についての治療を行っています。我が国は現在世界でも有数の超高齢化社会となっており、骨粗鬆症やそれに伴う骨折、脊椎・関節などの変性疾患が増加しています。その他、スポーツ中の外傷や、交通事故・労災事故など、身体の動きが不自由になる疾患が多いです。手術やリハビリテーションなどの治療法を駆使して、少しでも早い社会復帰を目指しています。

診察スケジュール

午前 1診 西川 西川 松本 中岡 中岡 担当医
午前 2診 古市 - 惠谷 右近 右近 -

担当医紹介

常勤医師

西川 賢吾 Kengo Nishikaawa

部長
専門分野
整形外科一般 スポーツ整形
資格
日本整形外科学会専門医 日本スポーツ協会公認スポーツドクター

右近 亮介 Ryousuke Ukon

医長
専門分野
一般整形外科 スポーツ整形
資格
日本整形外科学会専門医

中岡 義博 Yoshihiro Nakaoka

医長
専門分野
一般整形外科
資格
日本整形外科学会専門医

整形外科の特徴

骨折

救急病院として、交通外傷や労働災害による外傷も多く、日常の生活や仕事へ早く復帰できる様に早期に手術しています。
特に、高齢者の大腿骨頚部骨折などでは、ベッドに寝ている期間が長くなると寝たきりにもつながるため、すぐリハビリテーションが始められることが大切です。しっかり体重を支えられる手術を早く実施するようにしています。

変形性関節症

変形性膝関節症や変形性股関節症による関節の痛みに対しては、薬(飲み薬・湿布・塗り薬など)・関節内注射・リハビリテーションにより疼痛の軽減を行っています。重度の症例に関しては、人工関節置換術などの手術療法を行い、元気に歩けるようにします。

実施している検査

X線検査 骨折・関節変形・脊椎変形等の診断
CT検査 関節内骨折などの診断
MRI検査 椎間板ヘルニア・靭帯損傷・半月板損傷などの診断
骨密度測定検査 骨粗しょう症の診断

院内設備・施設

  • 関節鏡装置…半月板などの関節内手術に使用します。
  • 外科イメージ…手術の際に、インプラント挿入等をX線透視下で行う際に使用します。
  • 骨塩定量装置…骨密度を測定する装置です。腰椎と股関節を測定する事ができます。